酵素 生活習慣 夜食

夜食は太るだけではないのです

受験勉強の合間やお酒を飲んだ後に
夜食を摂る習慣のある人は少なくないでしょう。

 

お酒を飲んだ後のラーメンは
おいしいものです。

 

ところが、夜食は太るということ以上に、
身体に及ぼす悪い影響があるのです。

夜中は、内臓や骨が修復される時間です。

 

酵素が生み出される時間なのです。

 

その大切な時間帯にラーメンなどの
消化の悪い食べ物を食べると、

 

胃が働き続けることになってしまい、
睡眠が浅くなってしまいます。

 

 

また、酵素が生み出されることにも
悪い影響を及ぼし
、酵素の生産が
滞ってしまうのです。

 

 

その上、ラーメンやお菓子などの
消化には、大量の酵素が
消費されてしまいます。

 

 

酵素が作り出されない上に
たくさんの酵素を消費すると、結果、
消化酵素が不足してしまいます。

 

 

食べ物からの栄養が
吸収されにくくなってしまいます。

 

 

消化酵素を補うために、
代謝酵素も不足します。

 

 

代謝酵素は、新陳代謝や
自己治癒能力を支える役割を
しているのです。

 

 

 

夜食生活を続けているとどうなる?

 

このような生活をしていると、
病気になりやすくなりますし、

 

風邪が長引くなど健康への
悪影響が懸念されます。

 

また、身体の老化が進んでしまいます。

 

 

夜食は食べないようにすることが
身体には良いのです。

 

それでも、どうしても空腹が
我慢できないときには、
できるだけ消化の良い物を選んでください。

 

 

また、食べ物の代わりに
飲み物を飲んで空腹を紛らわすなどの
工夫をしてみるのはどうでしょう。

 

 

できるだけ身体に負担をかけないように
したいものです。

スポンサードリンク

夜食は太るだけではないのです関連ページ

野菜をたっぷり
野菜には消化酵素が多く含まれます。酵素を野菜から取り入れるには、生の野菜をたっぷり食べることが大切です。
飲酒には気をつけましょう
飲酒をすると、体外にアルコールが排出されるまでに多くの酵素を消費してしまいます。酵素を取り入れるのと同時にお酒の飲み方も見直しましょう。
睡眠不足を避けましょう
酵素が生み出されるのは午後8時から午前4時の間、特に睡眠中です。睡眠不足は酵素の産生を阻害します。
肉や魚を食べる時には
肉や魚を食べると消化のために多くの酵素を使ってしまいます。酵素をたくさん含む生の野菜をたっぷり添えていただきましょう。そして量は控えめに。
発酵食品を取り入れましょう
発酵食品をたっぷり取り入れましょう。味噌、醤油、納豆など伝統的な発酵商品には酵素が多く含まれています。