酵素 生活習慣 睡眠不足

睡眠不足を避けましょう

睡眠不足は、慢性疲労やストレス、
集中力低下などさまざまな問題となり、
健康に悪影響を及ぼします。

 

その上、酵素が体内から
不足してしまうという影響があります。

睡眠は人間にとってとても大切なものです。

 

夜間、身体の中では一日中働いている
内臓や骨がゆっくりと休息していて、
点検・補修の時間になっています。

 

酵素を大量に生み出す時間なのです。

 

午後8時から午前4時
その時間帯といわれています。

 

特に睡眠中に行われますので、
睡眠は重要なのです。

 

 

 

睡眠不足が続くとどうなる?

 

睡眠不足から酵素を生み出すことが
うまくいかなくなってしまうと、

 

消化不良を引き起こしたり、
疲れやすくなったり
します。

 

摂取した食べ物からの栄養吸収が
円滑に行われなくなり、
新陳代謝も悪くなってしまいます。

 

 

睡眠不足になってしまうと、
健康的生活のためにどんな努力をしても
すべてが無駄になってしまうのです。

 

 

人によってそれぞれ睡眠が
十分取れない事情はあるでしょう。

 

けれども、身体の不調を
招いてしまっては何も意味がありません。

 

 

酵素不足を防ぐためにも出来る限り
午前0時までに就寝するようにしましょう。

 

 

平日に、仕事が多忙であるなどの理由で
十分に睡眠時間を確保できない人は、

 

休日は午前0時を迎える前に
就寝するように心がけましょう。

 

 

夜勤があるなどの事情で、
午前0時前に就寝をすることが
無理だという人は、

 

なるべく1日7時間の睡眠時間
確保します。

 

 

そして、1週間のうち2日から3日は
早く就寝する習慣をつけることが
大切です。

スポンサードリンク

睡眠不足を避けましょう関連ページ

野菜をたっぷり
野菜には消化酵素が多く含まれます。酵素を野菜から取り入れるには、生の野菜をたっぷり食べることが大切です。
夜食は太るだけではない
夜食は太るだけではなく、寝ている間も消化器が働いて熟睡できない、酵素が生み出されることを阻害するなどの悪影響があります。
飲酒には気をつけましょう
飲酒をすると、体外にアルコールが排出されるまでに多くの酵素を消費してしまいます。酵素を取り入れるのと同時にお酒の飲み方も見直しましょう。
肉や魚を食べる時には
肉や魚を食べると消化のために多くの酵素を使ってしまいます。酵素をたくさん含む生の野菜をたっぷり添えていただきましょう。そして量は控えめに。
発酵食品を取り入れましょう
発酵食品をたっぷり取り入れましょう。味噌、醤油、納豆など伝統的な発酵商品には酵素が多く含まれています。