酵素 生活習慣 肉 魚

肉や魚を食べる時には

肉や魚類中心の食生活は、
身体への負担が大きくなります。

 

肉や魚類はタンパク質が豊富なのですが、
人の身体の中にはタンパク質を
貯める機能がありません。

 

タンパク質の消化には多くの消化酵素を
消費してしまいます。

タンパク質は、胃の中でアミノ酸に
分解された後に吸収されます。

 

この時に酵素が必要になります。

 

 

ところが、肉や魚は加熱して
食べることがほとんどです。

 

そうすると食材そのものの酵素は
すでに機能を失ってしまっているので、
体内の消化酵素が使われます。

 

酵素はタンパク質の分解のために
働くのですが、
すべてを消化することができません

 

 

消化されなかったタンパク質は
そのまま腸に運ばれてしまいます。

 

 

こうしたことから胃腸の負担が
大きくなってしまい
、体調不良を
引き起こします。

 

 

つまり消化不良が起こるのです。

 

 

 

消化不良を防ぐために

 

この消化不良を避けるためには、
肉や魚を食べるときに、

 

併せて酵素が豊富に含まれている
生野菜や果物
を積極的に食べるように
することが有効な対策になります。

 

 

酵素が豊富に含まれている
生野菜や果物が、胃の消化酵素を
助ける
ことになるのです。

 

 

よく、焼き魚に大根おろしが
添えられています。

 

 

これはこのように、酵素を含む効果を
引き出すことのできる昔からの知恵なのです。

 

 

できれば、野菜や果物は肉や魚類の
倍くらいの量
を摂取することを
おすすめします。

 

 

さらに、これらの野菜や果物は豊富に
ビタミンやミネラルを含んでいます。

 

栄養のバランスという点でも
メリットがあります。

スポンサードリンク

肉や魚を食べる時には関連ページ

野菜をたっぷり
野菜には消化酵素が多く含まれます。酵素を野菜から取り入れるには、生の野菜をたっぷり食べることが大切です。
夜食は太るだけではない
夜食は太るだけではなく、寝ている間も消化器が働いて熟睡できない、酵素が生み出されることを阻害するなどの悪影響があります。
飲酒には気をつけましょう
飲酒をすると、体外にアルコールが排出されるまでに多くの酵素を消費してしまいます。酵素を取り入れるのと同時にお酒の飲み方も見直しましょう。
睡眠不足を避けましょう
酵素が生み出されるのは午後8時から午前4時の間、特に睡眠中です。睡眠不足は酵素の産生を阻害します。
発酵食品を取り入れましょう
発酵食品をたっぷり取り入れましょう。味噌、醤油、納豆など伝統的な発酵商品には酵素が多く含まれています。