酵素 生活習慣 発酵食品

発酵食品をたっぷり取り入れましょう

発酵食品には酵素が多く含まれています。

 

発酵食品というのは、ビフィズス菌や酵母菌、
納豆菌なで善玉菌とされている菌や
微生物の働きで生成された食べ物です。

日本の昔ながらの食材である、醤油、味噌
納豆、漬け物
なども発酵食品ですし、
チーズ、ヨーグルトも発酵食品です。

 

これらの食品には、その製造の過程で
酵素が生まれるのです。

 

 

発酵食品が日本はもとより世界中で
昔から食されているのは、

 

独特の香りと食材のうまみが増すこと
保存が利くこと

 

が理由でしょう。

 

なかでも食材のうまみは、
酵素の働きによるものです。

 

酵素がタンパク質を分解することで、
うまみを引き出す成分であるアミノ酸を
生成するからなのです。

 

 

 

身近な発酵食品「納豆」

 

発酵食品のなかでも納豆
身近な食材のひとつでしょう。

 

納豆には、納豆菌が
大豆に作用するときに

 

ナットウキナーゼ

 

という酵素ができます。

 

 

ナットウキナーゼは、
血液をサラサラにする効果があり、

 

脳梗塞などの血管系の
病気の元となる血栓を溶かす
作用があります。

 

 

また、栄養素を分解するために
必要な酵素も多く含まれています。

 

体脂肪を分解する
脂肪分解酵素であるリパーゼや、

 

タンパク質をアミノ酸に分解する
プロアテーゼなど健康にのために

 

欠かすことのできない酵素が
含まれているのです。

 

 

納豆を食べるときには、
よくかき混ぜて食べるようにすると、
粘り気がまして、酵素の量が増えます

 

 

もちろん、納豆の酵素も加熱すると
その機能を失ってしまいますので、
加熱調理をしないようにしましょう。

スポンサードリンク

発酵食品をたっぷり取り入れましょう関連ページ

野菜をたっぷり
野菜には消化酵素が多く含まれます。酵素を野菜から取り入れるには、生の野菜をたっぷり食べることが大切です。
夜食は太るだけではない
夜食は太るだけではなく、寝ている間も消化器が働いて熟睡できない、酵素が生み出されることを阻害するなどの悪影響があります。
飲酒には気をつけましょう
飲酒をすると、体外にアルコールが排出されるまでに多くの酵素を消費してしまいます。酵素を取り入れるのと同時にお酒の飲み方も見直しましょう。
睡眠不足を避けましょう
酵素が生み出されるのは午後8時から午前4時の間、特に睡眠中です。睡眠不足は酵素の産生を阻害します。
肉や魚を食べる時には
肉や魚を食べると消化のために多くの酵素を使ってしまいます。酵素をたくさん含む生の野菜をたっぷり添えていただきましょう。そして量は控えめに。