酵素 代謝酵素

代謝酵素の働きとは

さまざまな酵素のひとつに
代謝酵素があります。

 

代謝酵素とは、新陳代謝を促したり、
免疫力を上げて病気を治す働きをする

酵素のことです。

人が呼吸をしたり、
心臓から全身に血液を循環させたり、

 

脂肪分裂で新たな細胞を生み出し
病気を治すといったことは、

 

代謝酵素の働きによるものなのです。

 

 

こういったことから、代謝酵素の量が
人間の寿命を決める
という考え方の
科学者もいるほどです。

 

 

 

代謝酵素と消化酵素の関係

 

酵素には消化酵素もあります。

 

そして代謝酵素と消化酵素には
密接な関係があるのです。

 

 

身体の中の総合的な酵素の量は
決まって
います。

 

 

ですから、代謝酵素が増えれば
消化酵素が減り、

 

逆に消化酵素が増えれば
代謝酵素が減ってしまいます。

 

 

例えば、脂っこい食事をした時には、
その消化のために多くの消化酵素が
必要になります。

 

そのため代謝酵素の量が
減ってしまうのです。

 

 

逆に病気になってしまったときには、
代謝酵素が多く必要になる
ため、
消化酵素に充当する分が少なくなります。

 

 

消化酵素を無駄に使うと、
代謝酵素が不足し、病気が回復しにくく
なってしまいます。

 

 

そのため、病気のときに食欲が
なくなるというのは、実は合理的なこと
で、

 

人間の身体が本能的に代謝酵素を
増やそうとしているからだという考え方も
あるのです。

 

 

病気の時には無理をしてでも
食べて力をつけることが重要だと
されていますが、

 

消化の良いものに限って
負担にならない程度に食べることが
大切です。

 

 

普段の生活においても、
代謝酵素の不足を防ぐために、

 

消化酵素を無駄使いしないということは、
とても大切なことなのです。

スポンサードリンク

代謝酵素の働きとは関連ページ

酵素とは何でしょう
酵素は体内で消化、代謝、傷ついた細胞の補修など、あらゆる生命活動をサポートする役割を持っています。
性質を把握しましょう
酵素の性質を把握して、健康に役立てましょう。特に、「熱に弱い」という性質は食品から酵素を取り入れるときのポイントです。
酵素を取り入れましょう
酵素を取り入れて健康な生活を。特に喫煙・飲酒の習慣がある人は酵素を消費してしまっています。身近な例は「大根おろし」。すり下ろして大根の消化酵素を効率よく取り入れる食べ方です。
不足をチェックしましょう
酵素が不足していないかチェックしましょう。酵素の不足は気になる症状になって表れます。40代を過ぎると体内酵素は急激に減少すると言われています。
消化酵素の働きとは
消化酵素の働きは、消化管の中で食べ物を吸収可能な栄養素の状態まで分解することです。アミラーゼ、リパーゼなどがよく知られている消化酵素です。