酵素 消化酵素

消化酵素の働きとは

酵素にはたくさんの種類があり、
それぞれに役割があります。

 

ダイエットや健康増進に酵素を
活用しようとしている人は、その種類と
役割について把握しておくことが大切です。

酵素の中には、食べ物を消化する
働きをする消化酵素というものがあります。

 

消化酵素が不足すると、
消化に支障が生じ、食べ物から得る栄養を
吸収することができません。

 

 

消化酵素にはさまざまな種類があり、
それぞれが食べ物に含まれている
栄養素の消化吸収のために活動しています。

 

 

 

代表的な酵素の働き

 

代表的な酵素をご紹介しましょう。

 

 

まず、唾液に含まれている
アミラーゼという酵素があります。

 

アミラーゼは、食べ物に含まれている
デンプンを分解してブドウ糖に変換し、
栄養として吸収する働きをします。

 

 

また、胃液に含まれる
リパーゼがあります。

 

リパーゼは、脂肪分の消化を行う
消化酵素で、

 

内臓脂肪や皮下脂肪などの
脂質の代謝を促す働きをしています。

 

 

タンパク質を分解する消化酵素として
プロテアーゼがあります。

 

 

プロテアーゼは、タンパク質を
アミノ酸に分解する働きがあります。

 

栄養吸収や消化を促すことで
胃腸への負担を和らげます。

 

 

また、腸内にある老廃物の
分解をすることで、腸内環境を整える
作用があるともされています。

 

 

これらの消化酵素が身体の中で
活発に働いていない、

 

あるいは不足していると、

 

消化活動ができないため、
その生命が脅かされる恐れがあります。

 

 

人の生命活動は、これらの消化酵素の
作用によって維持されているのです。

スポンサードリンク

消化酵素の働きとは関連ページ

酵素とは何でしょう
酵素は体内で消化、代謝、傷ついた細胞の補修など、あらゆる生命活動をサポートする役割を持っています。
性質を把握しましょう
酵素の性質を把握して、健康に役立てましょう。特に、「熱に弱い」という性質は食品から酵素を取り入れるときのポイントです。
酵素を取り入れましょう
酵素を取り入れて健康な生活を。特に喫煙・飲酒の習慣がある人は酵素を消費してしまっています。身近な例は「大根おろし」。すり下ろして大根の消化酵素を効率よく取り入れる食べ方です。
不足をチェックしましょう
酵素が不足していないかチェックしましょう。酵素の不足は気になる症状になって表れます。40代を過ぎると体内酵素は急激に減少すると言われています。
代謝酵素の働きとは
代謝酵素の働きは新陳代謝を促したり、免疫力を上げて病気を治すことです。病気の時に食欲が亡くなるのは食べ物の消化・吸収・代謝に使われる酵素を体の回復に回しているためです。